Marikoya-furfa

Just another WordPress site

おでかけ日記

ここ最近のおでかけした場所や買ったもの食べたもの出会った人などをつらつらと。自分メモのようなものです。

20130719-005343.jpg

ディズニーランド30周年。パレード素晴らしかった♡ 旦那さんと。

20130719-005519.jpg

元町のキティちゃんカフェ。2度目の訪問。落ち着く空間。お友達と。

20130719-005703.jpg

三軒茶屋のLupopoさん。初訪問。Twitterで『みんなでシェア企画展』で作品のRTをして下さる素晴らしい試みをしてらっしゃるカフェ兼レンタルBOX雑貨屋さんです。
雰囲気もとても落ち着くナチュラルテイストな雑貨屋さんで大好きな雰囲気でした!!

ケーキも美味しかったです♡

20130719-010116.jpg

今はBOXが空いてないそう。残念。

20130719-010221.jpg

三鷹の点滴堂さんで千夏先生の布花教室ですみれのコサージュを作りました♪前から作りたかった布花。とても難しかったです。先生はとてもお優しく楽しい時間でした!!
ギャラリーのすみこさんの鉛筆画も素敵でした♡

20130719-010510.jpg

BAR星男。お友達と。櫻田宗久さん(とソワレさんWオーナー)のART&BAR☆ 宗さんのお人柄に惚れました♡ここで偶然にも趣味の近い方と出会えてメアドの交換なんてしちゃいました。面白い夜でした☆彡また会えるかな〜(。´ω`。) みんなで写真撮ればよかったな。

20130719-010909.jpg

母のバースデー。家族と。一家団欒〜!お寿司美味しかった♡

20130719-011205.jpg

めんまーー!!!お台場。旦那さんと。めっちゃ可愛いかったこの等身大フィギュア♡ 全員いれば良かったのにな。映画行くよーー ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

20130719-011341.jpg

吉祥寺30T。旦那さんと。大好きな上條淳士先生に握手して頂くという奇跡が起きた!!にあとにやTゲット!

20130719-011715.jpg

それぞれ楽しい時間でした♡

渋谷〜原宿「渋谷編」

渋谷bunkamuraギャラリーで行われている「アリス幻想綺譚」に行って来ました。

約40名の作家様のアリス作品展。
見応えありで圧巻です!

アリスという題材は永遠の処女性とめくるめく不思議な世界が無限の想像力を膨らませて創造力へとかきたてる魅力的な題材です。私もいつか手を出したいです。

各作家様の世界観が全然違っていて本当に面白かったです!!
いろんな解釈や表現があって。どう調理されてもアリスの凛としたものは損なわれない。そこがすごいと思いました。アリスの存在感。もはやマリア様レベル。

20130309-001959.jpg

次に前から行きたかった「Roretta’s Room」へ。
言わずと知れた元Spank!のsakiさんとasamiさんがやってるお店♡
可愛くないワケがない!!

ピンクの壁でとってもガーリィー!
キャンディーハーツやパステルなアクセサリーたち。
こんなお店わたしも持ちたいものです (๑°⌓°๑)←遠い目

店内写真は撮っていいか聞くの忘れちゃったけど、看板はOK頂きました☆

20130309-002743.jpg

お目当てのシェルの小物入れは売り切れてて残念。・゜・(ノД`)・゜・。
くまちゃんのブローチ二つ購入して渋谷を後にしました。

Marikoyaもアクセサリー作ってます。
取り扱いはToppin’Kitchen様です。

トッピンキッチン【toppinkitchen】

日常の中の非日常

近頃ほぼMarikoya日記になってましたので、日常の内容でも。

会田誠展に行きました。
『天才でごめんなさい。』

20121126-015359.jpg

初日に行けました。
昨年から楽しみにしていた展覧会です。
とても大規模で代表的な作品がたくさん見られて大満足です。
興奮は上野で見た山口晃さんとの二人展のほうがありましたが、それはほぼ初めて見たに等しかったからだと思います。

本当に見応えあります。
ミヅマアートギャラリーで見た未完の作品も完成してましたし。

新作(未完)もあったり、個人的には犬シリーズの新作が見られたのが嬉しかったです。犬シリーズが一番好きなのですが、これを好きと明言してよいものかとは思いますけど。

初めて見た会田作品が犬シリーズであり、衝撃的に美しかったのです。

また、彼女達が幸せそうに見えるのその姿は純真無垢で愛しくならざるを得ない。彼女達の姿はヒトガタをしてますが、実際描いたモノはそこではない気がします。アートとはやはり見る者も考えさせられるもので思想がなければ意味がなく産まれもしないのでしょうね。だから感動したりするのでしょう。

そこが絵自体が狂気でありつつも腑に落ちるところ。

LIVEも行きましたー!
レピッシュ25周年!

20121126-020946.jpg

ずっと活動してたわけではないけれど、それでもすごいです。
また、LIVEがカッコいいんだなぁ。これが。とても50歳間近な方達とは思えないパフォーマンス。

MAGUMIの声やっぱり好きです(*´艸`*)

個人的にはパーティから柘榴、roomの流れが最高にウットリでした。
柘榴まさかの柘榴!!帰りにも柘榴の話しされてる方とかTwitterとかでも柘榴話題になってて、みんなも柘榴好きなんだな〜と共感できて嬉かった。

一旦白紙に戻すって言ってたMAGUMIの言葉が気になるけど…。
最高の一夜でした!
ありがとうって心から思いました。

20121126-021744.jpg

ぬいぐるみ教室もまた通ってます。小さめの子でオープンマウスに挑戦してます!

口を縫うのが難しくて(´~`;)
失敗して何度も縫い直してます。
今回はジョイント使わず糸ジョイントです。これもなかなか難しくて(´~`;)

まだなんの生き物かわからない状態ですが、クマにするつもりです。
耳と鼻と首を付ければ完成です☆

ジャパンテディベアフェスティバル

LIEN先生のTwitterのつぶやきを見て初めて知りました。

『ジャパンテディベアフェスティバル』

これは行かねば!と思い即行動!

20120318-183027.jpg

恵比寿ガーデンプレイスで行われていました。

店内撮影禁止のようでしたので、お写真はなしで失礼します。

室内の広い会場にテディベアパーツやファー生地、作家作品がどど~んと!集結しておりました。

特に作家作品展示即売会がメインのようでした。

その数100店舗以上!

どこから見ようか悩んでしまいます。
こんなにテディベアを一度にたくさん見たのは初めて。アドレナリン大放出です!!

ひとくちにテディベアと申しましても作家様が違えばもちろんみんな存在感が違います。

いいですね、オリジナルって。

かわいいリングをみつけました。

20120318-183941.jpg

とても小さなクマのお顔のリングです。

私が購入したのは顔だけですが、この方のテディベア全体の作品は全長3〜4cmほどで小さいのですがとても丁寧に作られていて興味惹かれました。色使いも素敵でクマのドレスもアンティークレースを使用して細部までこだわって作られていました。小ささでは理想のサイズ感だな〜と。

もっともっと小さい極小サイズの全長1cm位の作品も他の作家さんのでありましたが、あまり小さすぎては遊べないなぁとか常に持ち歩くのもなくしそうだなぁとか。

そんなことを考えながら見ていたら自分の理想のテディベアってどんなのかな?というのが少し見えてきた気がしました。

いつも一緒にいられるように身に付けるアクセサリーとして。
家で遊べて外にも持ち歩ける大きさ。

なんとなくこの二つは自分にとって重要な理想のベアのようです。

それにしても、自分が一番気にしてるのがサイズ感だったとは…(´~`;)

肝心の顔とか素材とかどんなのにしたいかはいまだフワフワとしてつかみどころがありません。

今は課題のベアを無事完成させること。その後は何体も作って行くうちに見えてくるのかなぁ。

頑張ろう!
とても刺激を貰えた空間でした。

直島へ行って来ました『アート編』

直島にはたくさんのアートが点在してます。

ベネッセハウス、地中美術館、家プロジェクトなどなど…

高松港からフェリーで直島へ渡ったのですが、降りた途端にババーンと草間彌生さんの南瓜が!

20111203-231744.jpg

20111203-231831.jpg

この南瓜は黄色の南瓜の後に出来たもの。中に入ることができます。

20111203-232019.jpg

港にはなんと!スケルトンな会議室が!大人数で会議しておりました。とてもオープンに。意見もオープンにという事でしょうか?会議なれるまではやり難そう…これも安藤忠雄建築のようです。

20111203-232442.jpg

こちらは家プロジェクトと呼ばれる使われなくなった家をアートスペースにしているプロジェクトの作品で『はいしゃ』という作品。もとは歯医者さんだったのでこの名前になんだそう。どこから見ても面白いです!中は撮影禁止。

20111203-232915.jpg
こちらは護王神社。ガラスの階段が美しい。残念ながら中には入れず、外から見ました。

20111203-233019.jpg
ガラスとかアクリルとか透明なものが大好きなのでウットリです!
より神々しい感じがしました。

20111203-233215.jpg
このタバコ屋さんは家プロジェクトではないのですが、町の一角が歴史のありそうな焼き板で瓦屋根の家がたくさん残っており、また家の外にのれんが掛けてあるのですがそれも各家の屋号や特徴から連想したのれんがデザインされていて普通の家の方もアートに参加されて島全体をアートで盛り上げようという気持ちがとても伝わってきました。散歩をふらふらしているだけでもとても楽しかったです。

20111203-233700.jpg
うちわ屋さん

20111203-233807.jpg
雲でしょうか?松でしょうか?
わかりませんが、こののれん素敵!

地中美術館は写真撮影禁止だったので写真がありませんが、安藤忠雄建築と美術作品が一体となって表現される特別な空間でそれはそれは素晴らしいものでした。入場料2000円とお高いのですが、この美術館はぜひまた訪れたい。むしろ住みたいと思いました。おすすめの美術館です。

直島へ行って来ました『ベネッセハウス編』

直島にある憧れのベネッセハウスに行って参りました!

美術館に泊まれるという夢のような空間!

私はパーク棟へ宿泊しました。
安藤忠雄建築に泊まれるだけでも贅沢なのですが、地下が美術館になっておりました。

20111129-191038.jpg

写真はロビーです。
ここからしてもう雰囲気が美術館!

20111129-191231.jpg

お部屋は至ってシンプルなのですが、それがかえって居心地良かったです。

20111129-191422.jpg

レストランへ向かう通路もアートの壁。キラキラしててとっても綺麗!

20111129-191605.jpg
広い庭にも作品が。

20111129-191714.jpg

20111129-191843.jpg

敷地内は私有地なので、車がうるさいとかもないしですし、本当にリラックスできました。

料理も美味しかったです!
ただ、ホテルのスタッフがイマイチだったことが残念でした。
掃除が行き届いてなかったり、応対が横柄な方がいたり。

次は民宿も有りかなと。
そこそこのお値段はするので、やはりホスピタリティはキチンとしてて欲しかったです。

とはいえ宿泊中は美術館に何度も入場可能だったり、ベネッセハウスのバスが無料で乗車できたりなど他にもメリットがいくつかあるのでそこは他にはない良いサービスでした。

横浜トリエンナーレつづき

次に無料シャトルバスで向かったのは日本郵船海岸通倉庫。

大きな倉庫で1階から3階までの展示でここも見応えありました。

20110920-212521.jpg

入ってすぐに目に飛び込んできたカバさん。又聞きですが信楽焼らしいです。
すごい!こんな大きな物が焼けるなんて!

20110920-212614.jpg

20110920-212706.jpg

一見何してるか分からないかもしれませんが、卵を電球にかざすと文字が見えるというもの。その文字を自由に並べることができます。

並べることよりも、なんで文字が見えるのー!
卵は本物なんですって。
なのに卵はからっぽでつなぎ目や穴が分からない!!
文字はどうやって中に書いたのー?などのほうが断然興味アリです。

ふむむ。そこはヒミツなんですって。

いろいろ推理する楽しみもあって面白い作品でした。

映像作品もたくさんありました。どれも視点が目新しくて面白かったです。残念ながら動画撮影は禁止なので、ぜひ現地で!

やはりアートは楽しい!
私ももっと頭を柔らかくしたーい!!

横浜トリエンナーレ

今日は横浜トリエンナーレに行って来ました。

横浜内3ヶ所に会場があるのですが、私は2ヶ所見て来ました。

最初に横浜美術館へ。
会場の外にも作品が。
いろんな顔〜。
ユーモラスでかわいい!

20110919-235850.jpg

20110920-000115.jpg

美術館内にもたくさんの作品が展示されてました。どれもユニークなんです。
邪道な気もしたんですが、音声ガイドを借りたので難解な作品は聞いて、作品の意図が理解できてそれはそれで良かったです。

20110920-000355.jpg

20110920-000523.jpg

画鋲がひたすら刺してある作品。身近な物がこんな風にアートになるんですね!近くに寄るまで気付きませんでした。

20110920-000621.jpg

雫の電気はいろいろな家庭の電気とネットで繋がっていて、その家庭が電気を消すと会場の電気も消える仕組み。
すごいアイディア!おもしろい!

20110920-000710.jpg

鉄鋼とオルゴールのパイプオルガン。衝撃でした。
この姿で荘厳なパイプオルガンの音を奏でるんですから。
もしかしたら、今回これが1番好きな作品だったかも。

次の会場に続く。

P★Mお迎え

先日パラボリカで行われていたLIENさんの個展『TempoRary』開催時に、お客さんの要らなくなった物を持ち寄りLIENさんが会期中にcookingし作品にするという試みが行われていました。

その際、私もドットのチュールを持って行きました。

後日、二度目の訪問時になんとドットチュールを被った淑女が!
未完ではありましたが、運命を感じたのでお迎えする決心をしました。

そして、今日完成していらっしゃいました。

20110906-203006.jpg

20110906-203114.jpg

20110906-203225.jpg

名前は『LADY』です。
そのまま淑女です。
エレガントな子なのです。
ちょっぴり気も強そう。
本当に素敵。
LIENさんの魔法の手によって生まれたこの子はどことなくさみしげな憂も垣間見せます。
ビーズの瞳が涙に見えるからかしら?
だからこそ、いつも側に。

お友達増やしてあげないとね☆彡

宝物がまたひとつ増えました。

三浦悦子・中川多理人形展

パラボリカ・ビスにて
『侵蝕 三浦悦子・人形展』
『白い海 中川多理・人形展』
に行って参りました。
(黒色すみれ『幸福な王女様展』も同時開催中で二度目の拝見。今回は焦点をお人形に絞りますので内容割愛させて頂きます)

やはり人形はとても好き。
人の形をしているのに人にあらず。

そこに惹かれるのかしら…

美しさも、醜さも、悲しさも、苦しさも全て目の前にさらけ出して。
心の代弁者のような。
だからこそ、そこに生命力のような力強さも秘めて。

そんなお人形展でした。

初めて拝見する多理さんのお人形が見たくて、とても楽しみにしていました。

とても美しくて可愛らしくて色っぽかった…白い海に漂っているような気分になりました。
心地の良い空間。

医療器具やらアンティークな椅子やら医療棚などにおさめられ、あたかも最初からそこに居たかのように、彼女達は安らいでそこに居ました。

一方、三浦悦子さんのお人形はちょっと驚く展示で…是非これは行ってご確認いただきたいです。

ただ、ただ圧巻。
あそこに長くとどまることはちょっと難しい…私も何かに侵蝕されてしまいそうで。

確実に人形に負けます。
存在として。

とにかく、行って見て体感していただきたいです。

多理さんの写真集を購入しました。
サイン入り。
嬉しい。

20110626-233822.jpg